さらけだす性的嗜好と秘め事

俺の性的嗜好を晒けだしたい。自分の心の中にしまいきれず、誰かに打ち明けたい衝動に駆られブログにした。着衣の女性のお尻に目がなく、アナルや腋に異常なほど性欲をそそられる。腋汗や腋毛、腋からほのかに香る匂いにもそそられ、放尿や脱糞する女性の秘められた恥態を見たいという願望まである。バイセクシャルな俺は自分のアナルを責められたい欲望まである。自分は変なのかな?と思いつつ共感を求めている自分がいる。

近所に住む人々との秘め事

68歳の和子さん④放尿で燃え上がる熟女

和子さんと付き合ってつくづく思う。誰もがきっかけひとつでアブノーマルに目覚める。同じ階に住む俺と和子さんは、誰にもバレずにお互いの家で過ごすことができる。熟年未亡人と単身赴任の中年男の半同棲。上品な和子さんがセックス三昧で今は積極的になっ…

68歳の和子さん③これって同棲?

和子さんはほんとに上品で、一見セックスに結び付くような雰囲気はない。だから一年あまり同じ団地でほとんど毎日顔を合わしながら何もなかった。でも一度関係を持つと、今の印象は全然ちがったものになっている。正月明け単身先に戻った俺は、ほぼ毎日のよ…

68歳の和子さん②愛しくてたまらないひと

新しい年が始まった。少しさかのぼって12月も終わりに近づいた頃のこと。年末年始の帰省前22日からの三連休も、急用があり帰えることになった。連休前の金曜日の朝に和子さんにそれを伝えると「食事でもと思ってたんだけど」と、ちょっと寂しそうな感じにな…

68歳の和子さん①熟々女の柔肌に溺れる

単身赴任している俺は自由気ままな反面、一方で心に闇が増してきたような、ちょっと自分に嫌悪感のようなものを感じるようになった。昔からセックス依存症というより恋愛依存症を自覚している俺は、48歳になった今もその症状は変わらない。それどころか増し…

近所のち●ちゃん③大人になった二人

俺が25歳ち⚫ちゃんが24歳になった頃、10代の頃のように頻繁に会うことはなかったが、時々セックスをした。二人とも結婚していたが、幼なじみで兄妹のような感覚と密やかな、恋人のような不思議な感覚はずっと続いていた。セックスはち⚫ちゃんが実家に帰って…

近所のおねえちゃん

幼い頃のちょっとエッチな思い出。今思うと小学生くらいでもその時なりのエッチがあるんだな。今その事を思い出すとなんて純粋だったんだろうと思うそんな思い出。ある日校区は違うが近くの空き地で遊んでいると、何度か顔を合わせた事のある増せた小学6年…

近所のち●ちゃん②青春の夜這い

俺が19歳ち●ちゃんが18歳。大学生と女子高生の幼なじみの危ない恋の話しの続き。家は路地を挟んで向かい合う近所。ホテルに行こうと約束していたが、俺の家でセックスする内にホテルに行く必要が無くなった。決めておいた二人だけのカーテンの合図で、ち…

近所のち○ちゃん

家の裏に住む親子との思い出。ち○ちゃんのお母さんのオナニーを目の当たりにした話を先にしたが、その時に世間話した際、今度うちの娘とその友達を花火大会に連れて行ってあげて欲しいと頼まれた。俺は大学生で19歳、ち○ちゃんは女子高に通う18歳。親子は数…

近所の人妻のオナニー

俺の家の裏に路地を挟んで苗字が亀◯という家があり親子三人が住んでいた。その頃俺は実家に一人でくらしていた。そこの奥さんはとにかく可愛かったな。小柄できゃしゃな体つきでショートカットがよく似合う人で、当時俺が大学生で、奥さんは40代前半だったと…

剛毛腋毛の人妻

中学生の頃、昔から近所に松◯という苗字の家があった。そこの奥さんはむちむちとしたとてもグラマーな体つきで、Tシャツの胸元はパンパンに張りだし、お腹や腰まわりの肉付きもよく、熟した女性の色気が漂うモロに俺好みの人妻だった。もちろんよくオナニー…