さらけだす性的嗜好と秘め事

俺の性的嗜好を晒けだしたい。自分の心の中にしまいきれず、誰かに打ち明けたい衝動に駆られブログにした。着衣の女性のお尻に目がなく、アナルや腋に異常なほど性欲をそそられる。腋汗や腋毛、腋からほのかに香る匂いにもそそられ、放尿や脱糞する女性の秘められた恥態を見たいという願望まである。バイセクシャルな俺は自分のアナルを責められたい欲望まである。自分は変なのかな?と思いつつ共感を求めている自分がいる。

山ガールの排泄

前に穂高岳に登山に行った時のこと。穂高は人気の山なので山ガール達もこぞって集まってくる。俺は明日登頂アタックする為に涸沢のテント場で宿営した。そこの男女共同トイレは高所の為もちろん水洗ではない。必然排泄する音を隠すことができないのだが、俺がそこで用を足していると、隣の個室に入った女性がブリブリと音を立てながら、盛り盛りうんちをひり出す音が聞こえてきた。うんちが終わる頃にはジャーっと音をたて放尿する音も聞こえる。先に咳払いをしていたので若い女性であることは想像できていたので、俺は個室を出るタイミングを合わせその人を見ることにした。出てきたのは30代の綺麗な女性だった。夏でも夜となると冷え込む場所なので厚着ではあるが、グラマーな体つきは容易に想像できた。特にお尻はプリンと張りがあり好みのタイプの人だった。明日下山するまでおそらく汚れた下着を変えることはないだろうし、風呂にも入っていないので、おま●こやお尻の穴には、ティッシュのカスやら、汁カスやうんちのカスがこびり付いている状態だろう。ワイルドな匂いがパンティの中に籠っていると思うと興奮した。テントに戻り悶々としながら彼女の排泄姿の一部始終を妄想しオナニーしたことは言うまでもない。